情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院議決権尊重決議案
 産経新聞(08/01/09)より抜粋。
 民主党が、新テロ対策特別措置法案の衆院再議決への抗議として、「参院議決権尊重決議案」の参院提出を検討していることが9日、分かった。
 与党の新テロ法案の衆院再議決に対し「(昨夏の参院選で)直近の民意を表している参院の否決の議決を無視した」として、抗議の意思を表明する狙いがある。(以下略)

 無事新テロ特は再可決されましたが、民主党はどうするのでしょうか。そもそも小沢さんは「インド洋給油法を再可決した11日の衆院本会議を途中退席し、反対票を投じなかった」(日経新聞(08/01/11)より)わけですが・・・。とりあえず思ったのは、鳩山さんの言い訳に対し「代表辞任騒ぎの時も党内から批判されたでしょうが、『仕事しろ』と」。
 中学だか高校で、「衆議院は解散があるので民意を反映し、参議院は解散がなく任期が長いので長期的な政策を議論する」、と習った記憶があるのですが、最近、参議院てなんのためにあるのだろうと思いますね。しかも、こんなこと言い出すから余計に参議院の意義がわからなくなるわけで。
 「直近の民意を無視した」と言っても、2/3再議決は憲法に書いてあるものですからね。それがだめだというなら、総理大臣指名の時に小沢さんが総理にならなかったのも「民意を無視した」ということになるのですか?

 2/3再議決を連発されても困りますが、民主党も参議院で数に任せて無茶苦茶やってましたから、その点ではどちらが過半数とっても同じですね。
スポンサーサイト
外国人参政権3
 読売新聞(08/01/05)より抜粋。
 永住外国人に地方参政権を付与する法案を巡り、民主党内で次期通常国会に再提出を目指す動きが活発化してきた。(中略)
 民主党の小沢代表は、「一定の要件のもとに地方参政権を与えるべきだ」と主張してきた経緯がある。川上氏らは、党執行部の賛同を得て、参院先議で法案を提出したい考えだ。
 これに対し、党内の保守派議員は「選挙権は、日本国籍を有する者に対してのみ保障されている。政局的な狙いから、『国のかたち』をゆがめるべきではない」と反発している。

 民主党って政局的な狙いで国益を損なうようなことばっかやってる印象があるのですが・・・。
 前回のときに
民主党の白真勲参院議員も「小沢一郎代表は積極的に賛成しており、党で反対する議員はいない」と気勢を上げた。

という記事を紹介しましたが反対派いるのですね。この方々に期待するしかないですね。しかし、公明党がやる気ですし、法案提出しちゃったら衆参両方で通りそうで怖いです。


イラク支援
 民主党が10/18に提出した「イラク復興支援特別措置法廃止法案」のおかげでまだイラクに自衛隊が派遣されているのを知った私ですが、以下日経新聞(07/12/24)より転載。
 政府は23日、不安定な治安情勢が続くイラクの復興支援の一環として、難民約1万人が泊まれるテント1000張りを無償提供する方針を固めた。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からの緊急支援要請を受けたもので、28日にも閣議決定する。

 政府は「イラク復興支援はテロとの戦いのうえでも重要」(高官)として、すでに航空自衛隊がクウェートを拠点に人道関連物資を輸送する活動を展開している。今回の追加人道支援にはテロ対策における日本の貢献をアピールする狙いもある。

 まだ、あまり安定していないのですかね。サマワから撤退したのでかなり治安は安定したものとばかり思ってました。こういう支援はどんどんしてほしいものです。
インドネシアへのODA
 産経新聞(07/11/30)より抜粋。(リンク切れの場合はこちら
 マラッカ海峡の海賊・テロ対策や兵器拡散防止のため、日本政府が開発援助(ODA)で初めて武器輸出三原則の適用外として供与を決めた巡視艇3隻を引き渡す式典が30日、インドネシアの首都ジャカルタの港で行われた。
 式典は、ジャカルタ北部タンジュンプリオク港の海上警察本部前で行われ、スタント国家警察長官や海老原紳・駐インドネシア大使らが出席。3隻は日本の海上保安庁の巡視艇と同じ型で、計約19億円で東京都内で建造された。速力は30ノット(時速約56キロ)で、海上警察で最速となる。(共同)

 マラッカ海峡とはWikipediaによると、
 マラッカ海峡は、マレー半島とスマトラ島(インドネシア)を隔てる海峡。経済的・戦略的に見て、スエズ運河・パナマ運河と並び世界のシーレーンの中でも最重要な場所である。
 日本船舶のみならず、東アジアと中東・欧州などを行き交う各国船舶にとって死活的に重要な航路だが、近年、商船に対する海賊行為が横行している。1994年には25件だった船舶襲撃は、2000年には220件、2003年には150件以上と増加しており、マレーシア・インドネシア・シンガポールなど沿岸諸国の海軍が警備を強化しているほか、日本からも海上保安庁の巡視船が海賊哨戒にあたっている。
 2005年3月14日、現地で日本籍の船が襲撃され、日本人拉致事件が発生した(同3月21日に解放)。また、1999年にも同様に日本の船が海賊に襲われるという事件が起きている。

とのこと。
 こういう相手国だけでなく日本の利益に適うODAはいいですね。税金から出ているのですから、ODA貰ってるにも関わらず日本に核向けてる国とか、反日の国とかにはODAやめられないのですかね。
福田-小沢 党首会談6
 小沢さんの辞意撤回会見についての記事です。読売新聞以外は結構詳しく書いています。
 小沢氏は記者会見で「2カ月前後前にさる人に呼ばれ、食事をともにしながら話を聞いた。お国のために大連立をという話があった」と振り返り、「そういう(大連立の)話は現実に政権を担っている人が判断することであり、私どもがとやかく言う話ではない」と返答したことを明らかにした。
 小沢氏は「さる人」の実名を伏せたが、「小沢氏に最初に連立を持ちかけたのは渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長」(自民党幹部)とされている。
 10月中旬以降に「さる人」から「福田首相もぜひ、そう(大連立を)したい考えだ。首相の代理の人と会ってほしい」と連絡を受けたため、代理人と会談したことを明かした。
 複数の政府・与党関係者によれば、首相の代理人は森喜朗元首相とみられている。(産経新聞から抜粋)

朝日新聞(07/11/08) 産経新聞(07/11/07) 毎日新聞(07/11/08)

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。