情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反捕鯨活動2
 本題(?)のシー・シェパード関連ニュースのまとめです。
 シー・シェパード-Wikipediaからの抜粋。
・1980年 - 禁漁種のシロナガスクジラなどを含めての海賊捕鯨を行っていた独行型捕鯨船シエラ号をリスボン港でリムペットマインを使用して爆破した。また同年、マッコウクジラの捕獲一時停止に反対票をカナダの代表が投じたことで彼等を殺すとポール・ワトソンが脅迫、これによりカナダ政府は自国の警察を派遣し保護している。
・1983年 - カナダ警察が乗り込んだ際 舟のデッキの周りに電気ワイヤーをはりめぐらせた17人が逮捕される。ポール・ワトソンら3名が逃走するも逮捕。
・1986年 - フェロー諸島にてライフルを使用して捕鯨船のゴムボートを沈めようとし、フェロー諸島の警察にも発砲、同海域にいたシーシェパードの船舶はフェロー領海から退去命令を受ける。また、三価リンを含む信号照明弾を警察に投げつけたり、ガソリンを警察の船に散布、ガソリンに火が付くように信号照明弾を投げつけた。
・1993年 - 日本の漁船に発砲を命じ、拳銃1発を発砲している。
・2003年 - 太地のイルカキャンペーンの一環として、和歌山県太地町のイルカ漁に用いる網を切断する。これによりシーシェパードのメンバー2人が23日間拘束される。また、シーシェパードの公式ホームページに漁業関係者や県知事の住所、電話番号を日本語で掲載し抗議の手紙、電話を送るよう推奨している

 結構な数の捕鯨船を沈めているのは知っていたのですがエコテロリストと言われるだけはありますね。

 まずは産経新聞(08/01/17)より抜粋。
 日本の調査捕鯨船「第2勇新丸」に無断で乗り込み、拘束された男性活動家2人が所属する米環境保護団体「シー・シェパード」が、「捕鯨船がクルーをさらって人質に取っている」との声明を出し、対決姿勢をさらに強めている。日本側は2人を引き渡すと表明しているが、団体側は、調査捕鯨船団を「密猟者」「テロリスト」呼ばわりした上で、「テロリストグループとの交渉には、まったく関心はない」と応じようとしていない。

 テロリストにテロリストと言われちゃいました。無断で乗り込んでくればそりゃ拘束されるでしょうが。

 フジテレビのニュースです。Youtubeにupされていたので紹介。


 AFP BBNewsより抜粋。
 水産庁資源管理部遠洋課の増田健二氏がAFPに語ったことろによると、2人の置かれた状態は「拘束と呼ぶにはほど遠い」という。活動家2人には個室が与えられ、自由にシャワーも浴びられるという。
 また、3度の食事も出され、2人の要望にこたえて天ぷらが振る舞われたほか、毎日「3時のおやつ」も出されているという。

 日本鯨類研究所のHP上でも公開されています。
 ちょっと甘すぎる気がしますね。

 産経新聞(08/01/16)より町村官房長官の会見です。
 --日本の船が捕鯨に反対する環境保護団体の2人を拘束をした。この2人は判決の内容を伝えに来たということだが、この問題に対しての現状認識と受け止めは
「この2人をですね、シー・シェパードに戻そうということで、引き取りを求めるメッセージを出しているけれども、その団体から今のところ何の返事もないというのが今の状況だというふうに理解をいたしております」
 --日本政府としてオーストラリア政府に対して何かアクションを起こすことは。日豪の外交関係への影響は
「外交関係に影響するとはもとより思っておりませんけれども、先ほど申し上げましたような妨害行為というのは、まず公海上における合法的な活動に対する、まことに危険な行為であるということでございますから、こうした行動をとったことは、日本政府としては強く非難をするということであります。また、このシー・シェパードの国、旗国はオランダであると。それから、この2名はオーストラリア人とイギリス人だということでございますから、該当する国々に対して、しっかりと国内法に基づき有効な措置を、統治の責任は果たしてくれということは外交ルートで申し入れを行いつつあるということです」

 非難はしたようですが、オーストラリアは上の動画のような発言をするわけですし、今後なめられないように強く出た方がいいと思いますけどね。

 産経新聞(08/01/18)より抜粋。
 南極海で調査捕鯨中の日本の第2勇新丸に、米環境保護団体シー・シェパードの男性活動家二人が侵入、拘束された事件で、オーストラリア税関の巡視船は18日午前、2人を同団体の抗議船に引き渡した。
 2人は同日未明(日本時間17日夜)、日本とオーストラリア両政府の合意に基づき、勇新丸から巡視船に移送されていた。オーストラリア警察は侵入事件の捜査を始めている。

 この巡視船は、オーストラリアが日本の捕鯨船を監視するために派遣した船です(最初は軍艦を出すと発言していた)。良い皮肉になったのでよかったかと思います。

 読売新聞(08/01/18)より転載。
 南極海を航行中の日本の調査捕鯨船・第2勇新丸に米国の環境保護団体「シー・シェパード」の活動家2人が無断で乗り込んだ問題で、同団体がその後、別の捕鯨船にも妨害を加えていたことがわかった。
 水産庁や外務省などは週明けにも緊急会合を開き、妨害行為を食い止めるための対策を検討する。
 同庁によると、新たに妨害を受けたことが判明したのは、第3勇新丸(742トン)。日本時間の18日午前2時ごろ、接近してきたゴムボートから、臭気を放つ液体の入った瓶を10個くらい投げつけられた。18人の乗組員にけがはなかった。
 第2勇新丸に乗り込み、拘束されていた外国人活動家2人の身柄を、仲介に入ったオーストラリア政府の監視船に移してから3時間余り後のことだった。

 早速です。さすがテロリスト。

 読売新聞(08/01/22)より抜粋。
 水産庁は22日、南極海を航行している調査捕鯨船団の母船「日新丸」が燃料の補給を受ける際、環境保護団体「グリーンピース」から妨害行為を受けたと発表した。
 同庁によると、日本時間の22日午前9時半ごろ、グリーンピースのゴムボートが日新丸と補給船の間に割り込み、ゴムボートが一時、補給船のワイヤに絡まった。けが人はなかった。

 グリーンピースまで出てきました。調査のたびにこんな感じなようですし、ほんと捕鯨船の方々はたいへんですね。
スポンサーサイト
反捕鯨活動1
 最近の反捕鯨活動でオーストラリアってこんな国なのかと知ったわけですが、一部の人だと思いたいです。以下、今回の捕鯨活動への反対活動のまとめ。

 The Australian news(07/12/27)より抜粋。(日本語訳は痛いニュースより。)
 6人ほどの活動家たちが今日午後、エリザベス通りに建つメルボルン・セントラルビル45階にある日本領事館の中で赤インクをカーペットの上にぶちまけたと語った。
 活動家の関係者だという男性が語るには、彼らグループの今回の行動は来月には南洋で始まる例年の日本の調査捕鯨が「冷酷で最低」な慣行であることを際立たせたかったのだという。
 オーストラリア連邦警察のスポークスウーマンによれば、AFP保安局職員が活動家たちをビルから追い出したが逮捕はしなかったという。


 heraldsun.com.au(08/01/04)より抜粋。(日本語訳は痛いニュースより。)
 動物解放運動員たちは昨日、メルボルンでグラフィック反捕鯨デモンストレーションを実施した。オーストラリア水域でのおよそ1000頭におよぶクジラの捕殺に抗議して、彼らは日本領事館の外で巨大な日本国旗を公開した。
 真っ赤なペンキで身体全体を塗りたくった1人の女性が国旗の中央「血の海」に座っている。日の丸のところだ。200人ほどのデモ参加者は「恥知らず日本」、「捕鯨禁止命令」と書いたバナーを掲げた。


 下の記事はいいとして上の記事はまずいと思いますがね。日本領事館の中ですからね、逮捕はしといてもらわないと。今のオーストラリア政権は反捕鯨ですのでその辺もあるのですかね。

 続いて読売新聞(08/01/15)より転載。
 オーストラリア連邦裁判所は15日、同国が国内法に基づいて南極海の一部に設定している「クジラ保護区」で、日本の調査捕鯨船がクジラを殺傷しているのは違法だと訴えた豪動物保護団体の主張を認め、日本船に操業停止命令を出した。
 日本政府は判決を拒否し、捕鯨を継続する方針だ。南極大陸の一部に領有権を主張する豪州は沿岸海域に排他的経済水域を設定。同水域を「クジラ保護区」と定め、クジラの殺傷を禁止している。

 南極条約で「南極地域における領土主権、請求権の凍結」となってると思うのですが。

 最後にニュースでも取り上げられるほど話題になったYoutubeの動画を紹介。ちょっとグロイです(テレビではモザイクがかかってましたし)。



 オーストラリアにとって日本は最大の輸出相手国であり、日本は資源・食料を輸入しています。また、2007年3月には日豪首脳会談において、日豪間の外交・防衛協力の緊密化を謳った「安全保障協力に関する日豪共同宣言」を調印しました。(オーストラリア-Wikipediaより)
 オーストラリアは日本にとっても重要な国なので、どこかの国とは違って複雑な気分です。
韓国次期大統領
 YONHAP NEWS(08/01/18)より転載。
 李明博(イ・ミョンバク)次期大統領が17日の外信記者会見で「成熟した韓日関係を築くため、日本に謝罪や反省という言葉を使いたくない」と述べたことに対し、各党が批判の声を上げた。
 大統合民主新党の崔宰誠(チェ・ジェソン)院内報道官は18日の会見で、李次期大統領の発言は国民感情とかけ離れたものだと主張し、発言の撤回と国民への謝罪を求めた。

 民主労働党の孫洛亀(ソン・ナクグ)報道官も論評を通じ、「李次期大統領の韓日関係に関する発言は国民情緒とかけ離れた妄言だ。実用主義は時には必要だが、守るものは守った上で実用してこそ意味があり、民族自尊心という重要な価値をけなすような実用はボーダーラインを超えている」と批判した。

 民主党の柳鍾ピル(ユ・ジョンピル)報道官は、日本の歴史歪曲(わいきょく)など、韓日間の重要な懸案がまだ解決されていない状態で過去を問わないと発言しては、日本に誤ったシグナルを送る可能性があると指摘した。自由新党設立準備委員会のイ・ヘヨン報道官も、民族的自尊心にかかわる歴史問題を実用という名の下に追いやるなど、李次期大統領の歴史認識の問題点が明らかになったと述べている。

 結局こうなるのですね。盧武鉉(ノ・ムヒョン)さんも初めは同じようなことを言っていたようなので、そのうち反日になるのでしょう。というか、韓国は「親日・反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」みたいなのが議員立法でできるような国ですからね。反日じゃないとやっていけないのではないでしょうか(良い悪いは別にして)。

 個人的には反日政策やって、必要以上に日本に近づかないでくださいって感じです。韓国経済はだいぶ危ないみたいですし、馬鹿げた公約掲げてましたしね。
靖国神社で中国人逮捕
 産経新聞(08/01/16)より転載。
 東京都千代田区の靖国神社で、参拝客が持っていた国旗を奪うなどしたとして、警視庁麹町署は、暴行と器物損壊の現行犯で中国籍の王班亜容疑者(43)を逮捕した。
 調べでは、王容疑者は15日午前11時25分ごろ、靖国神社の境内で、横浜市から参拝に訪れた80代の男性が持っていた日の丸(縦1m、横1・5m)を奪い足で踏みつけたうえ、さおを折った。さらに、これを止めに入った神奈川県内の40代の男性看護師を殴りつけたり蹴ったりした。2人にけがはなかった。
 王容疑者は仕事で来日していたが、動機などについては黙秘しているという。


 最近、一連の捕鯨関係といい日本人なめられすぎですね。下の動画でも言っていますが、こんなのを日本以外でやったらどうなることかと。しかも産経新聞以外報じてないようですし、マスコミいい加減にしろ!!
 それにしても同行していた方ナイスです。




(08/01/29追記)
 Record Chinaより抜粋。
 2008年1月15日、靖国陣社で中国人男性が80歳の老人から日章旗を奪い取り、止めようとした中年男性に暴行を加えた事件が発生した。25日、大河網は暴行を加えた中国人男性が河南万通集団の元副総経理・王班亜(ワン・バンヤー)だと報じた。(中略)
 80歳の老人から旗を奪い取り、別の日本人に暴行を加えるという事件は、日本人に再び中国の反日感情の強さを伝えた。愛国主義的傾向が強い中国のネット掲示板は王の行為を絶賛する書き込みで溢れている。

 副総経理とは副社長のことだそうです。そんな人が何してるのと。ネット上ではだいぶ酷いようです。J-CASTニュース(08/01/28)より抜粋。
例えば、ポータルサイト「騰迅網」では、記事ごとにコメントが付けられる仕組みになっており、この事件を報じる記事には、すでに5万2000件以上のコメントが殺到している。内容はというと、
「あなたは中国人の誇りです」
「中国人として断固支持します」
「気骨がありますね!」
「団結万歳」
などと、王容疑者を称えるものがほとんどだ。

 中国も所詮はこんなもんですね。本当に北京五輪が楽しみです。被害者がでないことを望んではいますが、なにかしらはおきそうですよね。

(08/02/03追記)
 起訴されずに釈放されたようです・・・。ばかじゃないの?

民主党、小沢代表
 産経新聞【詳報】小沢民主党代表会見のより抜粋。
 --衆院本会議退席に批判を浴びている。説明してほしい。
「(中略)一つは、前から新党日本の田中代表と一緒に大阪の知事選の応援に行くと。あの時間に約束をしていた。選挙での約束は1番、私は違えてはいけないものだとずっと考えているし、そう思っている。もちろん、もうひとつは、テロ給油、米国の軍艦等に給油をするという新法だが、これを多分、あなた方、今のあなたの話では大事な法案に採決の時までいなかったということの多分、前提で話していると思うが、私どもにとって、これは国民のためにも、民主党にとっても大事な法案だとは思っていない。(中略)それからもう一つ。前にも申し上げましたけれども、総理大臣はじめ国務大臣はぜんぶ本会議に出席していますか。あなた、してる(と思う)? 返事(を)。してないでしょ。してないでしょ。すると総理や国務大臣は議員であって本会議に出席しなくても、何もあなた方は批判しないで、野党の私だと批判するの?。あの人らよりよっぽど俺、忙しいよ。そういう官尊民卑で体制的な発言というのは、ボクはちょっとマスコミとしてはいかがと思いますよ。(以下略)」

 --議会制民主主義での国会議員の務めは。どういう優先順位の判断か

「(前略)国務大臣や総理大臣もそんなに忙しいと思わないけれど、私は。だけどこっちが大事だ、あっちの方が大事だと言って、理由を聞けばそういうことじゃないの?。そうでしょ。国務があるからっつーんじゃないの? 理由聞けば。そうじゃないの?」

 --重要な法案だから、禁足をかけたのでは

 「法案?。法案としてボクは重要だと思っていませんよ。重要なら賛成するよ。国民にとって何も必要ないとボクは思っています」

 この人は、国務と選挙が同レベルだと思っているのでしょうか。国務なら国会議員の仕事ですが、選挙は国会議員の仕事ですか?国会議員の仕事をさぼって「党」の仕事である選挙応援に行ったのですよ。そんなにお忙しいのなら国会議員を辞めて、選挙に専念したらいかがですか?
 しかも、この法案を重要だと思ってないですって?じゃあなんで禁足をかけたんですか(ループしちゃってるけど)?なんで散々反対したのですか?自衛隊を派遣してはいけないと考えたから反対していたのではないのですか?

 なんで、こんな人が国会議員になれるのでしょう。しかも野党第1党の党首ですよ。この会見内容には本当に腹が立ちました。

(08/01/19追記)
 時事通信(2008/01/18)より抜粋。
 小沢氏はこの後の衆院本会議には冒頭から出席。目を閉じて福田康夫首相の施政方針演説に耳を傾けていたが、首相の演説終了後しばらくして途中退席した。

 通常国会の初日からまたさぼりです。というか週刊新潮によると(下の動画2分くらいから)、小沢さんの本会議への出席率は1割程度しかないようですが、この人本当に国民なめてませんか。


東シナ海ガス田
 福田さんが中国を訪問しなにか成果があったのかな、と思っていましたが、産経新聞(08/01/13)に関連する記事がでました。以下抜粋。
 共同開発の対象海域などをめぐり日中の主張が対立する東シナ海のガス田問題で、中国側が昨年12月末の福田康夫首相と温家宝首相との日中首脳会談前の事務レベル協議で、初めて日中中間線付近の日本海側海域での共同開発を打診していたことが13日、分かった。これまで「係争海域は中間線と沖縄トラフの間」としてきた中国側が一定の歩み寄りをみせたものだ。ただ、中国側は日本が求める中間線付近の中国側海域での開発は一切認めなかったため、協議は最終的に決裂した。(以下略)

 要は、日本側だけで共同開発するという内容ですが、これで歩み寄りと言われても困りますよね。
 福田さんの前には、野党第1党である民主党も訪中しているわけですが、それでもこの程度しか歩み寄らない中国にわざわざ行く必要あるのでしょうか。むしろ、小泉さんの時のように強気(当時もっとやればいいのにと思ってましたが)にでればいいのでは?日中関係が悪くなってなにか困った記憶がないのですが。
 なんで政治家って中国が好きなんでしょうね。
参院議決権尊重決議案
 産経新聞(08/01/09)より抜粋。
 民主党が、新テロ対策特別措置法案の衆院再議決への抗議として、「参院議決権尊重決議案」の参院提出を検討していることが9日、分かった。
 与党の新テロ法案の衆院再議決に対し「(昨夏の参院選で)直近の民意を表している参院の否決の議決を無視した」として、抗議の意思を表明する狙いがある。(以下略)

 無事新テロ特は再可決されましたが、民主党はどうするのでしょうか。そもそも小沢さんは「インド洋給油法を再可決した11日の衆院本会議を途中退席し、反対票を投じなかった」(日経新聞(08/01/11)より)わけですが・・・。とりあえず思ったのは、鳩山さんの言い訳に対し「代表辞任騒ぎの時も党内から批判されたでしょうが、『仕事しろ』と」。
 中学だか高校で、「衆議院は解散があるので民意を反映し、参議院は解散がなく任期が長いので長期的な政策を議論する」、と習った記憶があるのですが、最近、参議院てなんのためにあるのだろうと思いますね。しかも、こんなこと言い出すから余計に参議院の意義がわからなくなるわけで。
 「直近の民意を無視した」と言っても、2/3再議決は憲法に書いてあるものですからね。それがだめだというなら、総理大臣指名の時に小沢さんが総理にならなかったのも「民意を無視した」ということになるのですか?

 2/3再議決を連発されても困りますが、民主党も参議院で数に任せて無茶苦茶やってましたから、その点ではどちらが過半数とっても同じですね。
テロ対策
 アフガンなどで日本政府がどのような活動をしてきたのかほとんど知らないため、この動画をあまり理解していません。
 日本がインド洋に自衛隊を派遣し「軍事支援」をしていたことは、当事者にはほとんど知られておらず、おかげで武装解除などの成果が挙げられた。しかし、テロ特を政局にして、広く知られてしまったために「美しい誤解」が解けてしまって、軍事活動をしないがためにできた活動がやりづらくなる、ということでしょうか。

 インド洋の派遣が「軍事支援」かというと私はそうは思わないのですが、国際的にはそうなのでしょうか。それでもインド洋への自衛隊派遣はするべきだと思うのですが、いろいろ難しいのですね。


外国人参政権3
 読売新聞(08/01/05)より抜粋。
 永住外国人に地方参政権を付与する法案を巡り、民主党内で次期通常国会に再提出を目指す動きが活発化してきた。(中略)
 民主党の小沢代表は、「一定の要件のもとに地方参政権を与えるべきだ」と主張してきた経緯がある。川上氏らは、党執行部の賛同を得て、参院先議で法案を提出したい考えだ。
 これに対し、党内の保守派議員は「選挙権は、日本国籍を有する者に対してのみ保障されている。政局的な狙いから、『国のかたち』をゆがめるべきではない」と反発している。

 民主党って政局的な狙いで国益を損なうようなことばっかやってる印象があるのですが・・・。
 前回のときに
民主党の白真勲参院議員も「小沢一郎代表は積極的に賛成しており、党で反対する議員はいない」と気勢を上げた。

という記事を紹介しましたが反対派いるのですね。この方々に期待するしかないですね。しかし、公明党がやる気ですし、法案提出しちゃったら衆参両方で通りそうで怖いです。


韓国原油流出事件2
 オイルボールが海流に乗ってどうこうだの、海への影響などは私にはまったくわからないのでとりあえず日本への影響だけを知りたいのですが、報道がないので中途半端に知識を得てしまった今日この頃です。
 北国新聞(08/01/05)より抜粋。
 
 金大大学院自然科学研究科の田崎和江教授らは四日、 先月上旬にタンカー衝突事故で大規模な原油流出が発生した韓国・泰安半島の被害状況を 調査するため現地入りした。(中略)
 田崎教授は「衝突場所がもう少し南だったら原油は対馬海流に乗って日本にも届いてい たかもしれない」と指摘し、「界面活性剤などを使うと周辺環境に二次汚染が広がる恐れ があることを伝え、化学薬品に頼らずとも土着の細菌や粘土鉱物によって海は中長期的に 浄化されることを知ってほしい」と話している。


 東亞日報(08/01/04)によると、だいぶタールが南下しているようなので心配でしたが、大丈夫なようですね。

 関係ないのですが、東亞日報がoperaでは文字化けするんです。フォントの問題なんですかね。不便なのでなんとかしないと。
イラク支援
 民主党が10/18に提出した「イラク復興支援特別措置法廃止法案」のおかげでまだイラクに自衛隊が派遣されているのを知った私ですが、以下日経新聞(07/12/24)より転載。
 政府は23日、不安定な治安情勢が続くイラクの復興支援の一環として、難民約1万人が泊まれるテント1000張りを無償提供する方針を固めた。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)からの緊急支援要請を受けたもので、28日にも閣議決定する。

 政府は「イラク復興支援はテロとの戦いのうえでも重要」(高官)として、すでに航空自衛隊がクウェートを拠点に人道関連物資を輸送する活動を展開している。今回の追加人道支援にはテロ対策における日本の貢献をアピールする狙いもある。

 まだ、あまり安定していないのですかね。サマワから撤退したのでかなり治安は安定したものとばかり思ってました。こういう支援はどんどんしてほしいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。