情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国製品
 餃子問題に混じって報道された中国製品についての記事をいくつかまとめ。

 まずは産経新聞(08/01/31)より転載。
 31日付の中国紙、華商晨報(電子版)によると、遼寧省瀋陽市の多くのレストランで、見た目を良くするために豚足を過酸化水素水に漬けて漂白し、客に提供していたことが分かった。使用溶液の濃度は不明。日本では過酸化水素の溶液は濃度によっては劇物に指定されている。
 同紙によると、過酸化水素水に漬けると、漂白されて新鮮に見える上、1割程度重量も増すという。そのため豚足を出すレストランの3分の1は過酸化水素水に漬けており、最近では豚足の卸売り段階で既に漬けたものが売られていることも多いとしている。
 過酸化水素水は、濃度の薄いものは、消毒薬や衣服の漂白剤などにも使用される。

 漂白に使うということは結構な濃度だと思うのですが、薄くても消毒薬になるくらいですから危険なことには変わりないかと。

 続いてiza(08/02/05)より抜粋。
 「日本は今でも食品の輸入に関して、世界で一番厳しいと言われる規制をしているが…」
 大手商社勤務の現役商社マンで、中国産食品の危険性を厳しく指摘してきたジャーナリストの西法太郎氏はこう嘆く。(中略)

 厳格な輸入基準と検疫所の努力で昨年12月と今年1月だけでも、ゆでダコ、枝豆、緑茶、シイタケ、味付けメンマ、落花生など46件の中国産の汚染食品が水際で摘発された。これは同機関に摘発された国別ではトップで、全体の約25%にあたる。(中略)

 日本に輸入されている食品のすべてを検査するのは物理的に不可能で、検査は抜き打ちで行われており、「全体の93%が事実上、ノーチェックで国内に流通している」(西氏)という。(中略)

 仮に加工食品の検査基準が厳しくなっても、日本には冷凍食品だけでも全世界から年間約30万トンも輸入されており、その約3分の2を占める中国産のすべてを検査することは、やはり物理的に不可能なのだ。(以下略)

 よく中国製品は違反率が一番低いと言って、中国を擁護する方がいますが輸入量が違いますからね。しかも今回の騒ぎで加工食品から続々農薬が検出されましたし、さすがにサバから農薬が検出されたときはびっくりしました。

 産経新聞(08/01/31)より抜粋。
 31日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、中国・上海の国営薬品会社のがん治療薬が原因で中国国内で薬害被害が深刻になっていることを伝えた。
 同紙によると、薬害は白血病患者に投与された抗がん剤が原因。2種類の薬を飲んだ患者計200人近くが相次いで下半身のまひなどを訴え、両方の薬に製造過程で別のがん治療薬が混入した結果の副作用と判明した。
 米国が輸入している中絶薬は別の工場で生産されたというが、同紙は中国製薬品で死者が出た例があることや米薬品会社の中国製の薬品成分に対する不信感を紹介している。

 前にも思ったのですが、医薬品の製造過程で異物が混入って、中国の製造業の品質管理ってどうなっているのでしょう?個人的に医薬品ってそういうの凄く厳しい印象があるのですがね。

 朝日新聞(08/02/01)より抜粋。
 中国製ギョーザによる中毒事件で、北京五輪組織委員会の広報担当者は31日、朝日新聞の取材に「天洋食品は五輪と無関係」と強調した。組織委は天洋食品とは別の大手中国メーカー「思念食品」(本社・鄭州)と冷凍ギョーザ独占公式サプライヤー契約を結んでおり、五輪には同社製の冷凍ギョーザが提供されることになっている。組織委の広報担当者は「サプライヤーになるには我々の厳格な基準を満たす必要がある。問題はない」と話した。(中略)

 選手村レストランでの料理に使われる食材は、野菜なら有機栽培しなければならないなど、組織委や国際オリンピック委員会(IOC)が定める規定を満たさなければならない。

 一般市場向けの食材とは別に栽培、生産するうえ、組織委は五輪中、無線ICタグや全地球測位システム(GPS)を使い、生産地から食卓まで、すべての流通過程を監視。(中略)

 選手村以外の食材でも、北京市は組織委などとともに「五輪食品安全指揮センター」を近く設立し、独自に安全基準を定めた345品目について厳格な検査をする予定。市内の飲食店では、市がAからDまでの4段階で認定する衛生度で、最低のDランクの飲食店を五輪関連施設から1キロ以内は撤去するのをはじめ、繁華街や主要道路沿い、観光地から一掃する。

 選手村の料理についてはどこの国でもこうなのでしょうか?少なくとも、五輪に伴って撤去させなきゃならない飲食店があるっていうのがね・・・。五輪を機に北京以外へも旅行に行こうという方は要注意ですね。

 最後に夕刊フジ(08/01/31)より抜粋。
 (前略)中国の食の安全を統括する国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長(当時)は昨年10月、本紙などの取材に対し、「食品に関する非常に厳しい基準と監視システムを設けた。万一、問題が発生してもどこに原因があるか追及できるシステムを構築した」と胸を張っていたほどだった。

 ペットフードや練り歯磨き、養殖魚など中国産の有害物混入が相次ぎ、五輪への不安が世界に広がったのを受け、中国は食品の安全管理体制を大急ぎで整備してきた。

 「確かに、零細な食品工場もあるが、五輪ではHACCP(国際的衛生管理基準)を取得した優良企業だけが選手や観光客に食べ物を提供する。日本の皆さんに安心して五輪に来てとお伝えください」。魏副局長はこういって笑みさえ浮かべていた。

 だが、問題の“殺人ギョーザ”を製造した「天洋食品」がまさにHACCPを取得した代表的な優良企業。総局幹部が「模範」としてPRするため、わざわざ視察先に選んでいた工場でもあったのだ。(以下略)

 中国にある食品工場ということで、「天洋食品は五輪と無関係」はありえないと思っていましたが・・・。中国共産党がどんなにがんばっても、このレベルの食品は少なくとも観光客には提供されるわけです。朝日新聞の記事は他と比べないと使い物にならない。それはさておき、中国の環境汚染を考えただけでも中国食品はできるだけ拒否したいです。それに加えて農薬等の問題ですから、私は中国食品は食べたくありません。
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/104-fe29782a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。