情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党 沖縄政策
 以前書いた民主党の沖縄政策についてです。原文はここにあります。


 まず根本的なとこから間違ってると思うのですが、米軍基地問題とか(長くなりそうなので後述)、航空機燃料税の軽減とか(すでに50%減免されてる)。また本文中で東アジアと連呼されますが、どこのことかと思って調べると、中国・韓国・北朝鮮・台湾・モンゴル・日本のことだそうです。ほぼ悪名高き特定アジア(中国・韓国・北朝鮮)です。私にはこの時点でアウトです。以下、問題点と思われるところです。

(1)地域通貨の発行
 (日本の「円」は、「USドル」、「ユーロ」と並ぶ信用度の高い国際通貨なのにわざわざ作る意味がわからない。)

(2)本土との間に時差を設定
 (日本の標準時は兵庫県を基本としているため、日本国内では±30分の時差がある。しかし国内としては誤差の範囲だろう。混乱してめんどうなだけでは?)

 (1)、(2)は沖縄を日本から切り離す前段階と思われる。

(3)ビザの免除、キャンペーンの実施等による東アジアとの人的交流の促進
 地理的に近い台湾に対しては観光ビザの免除をするなどの入国管理の適切な運用によって、東アジアの人的交流の拠点を目指す。
 (いずれ中国のビザも免除する予定がみえみえなのですが、外国人参政権のところで載せた表で中国人による犯罪率は異常と言っていい気がします。確実に沖縄での犯罪が増えます。)

(4)アジアからの外国人を含む国際型観光地および長期滞在中心の観光地への転換を図り、各種コンベンションなどを通して観光客のみならずビジネスマンや学生等も含め幅広い年齢層が訪れる「3 千万人ステイ構想」の実現に取り組む。
 (東京の人口が1200万人なので、どう考えたらいいのでしょう。とりあえずアジアの方をたくさん住ませるということでしょうか。この場合のアジアも、マスコミが使うアジア外交と同じ意味(特定アジアのこと)じゃないでしょうね。(3)と同じで犯罪率が・・・)

(5)語学教育
 英語教育を行うと共に、中国語などの学習も含め、沖縄の「マルチリンガル化」を促進する。
 (英語教育はわかるのですが、中国語って必要ですか?大学では2ヶ国語が必修なのですが、ほとんどの方は英語とドイツ語を取ってましたよ。)

(6)国際機関の誘致
 東アジアを主たる活動地域とする国際機関を沖縄に誘致
 (詳しくはわからないのですが、該当するものが東アジア共同体のみっぽい。これは、アジアにおける影響力の拡大を図ろうとする中国と、中国の支配を少しでも弱めたい日本やASEANが対立していて成立していないみたいです。)

 こんな感じで、所々に中国の影がちらつく日本の政党が作ったとは思えない政策です。(1)~(6)で前準備、外国人参政権が通って沖縄議員のほとんどが中国人になり、独立を宣言。というのがよく言われるシナリオです。

 台湾、沖縄は中国軍にとっては重要な場所です。(もちろん日本にも重要です。)この二ヶ所をおさえれば、米軍の監視が薄くなり太平洋への出入りが容易になります。なので国防上、沖縄米軍は重要だと思うのですが。
 中国が台湾を攻める時、沖縄は確実に巻き込まれるとも言われてますし、核は日本向いてるし、中国政府と友好関係なんてありえないと思うのですが。

 最後変な方に流れましたが、こんな国益に反する政策を出すのが民主党です。機会があったら自民党の憲法案もやりたいです。こちらも何か出てくるでしょう。
スポンサーサイト
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/21-789d24db
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

世界を見る目が変わる50の事実

「事実を知ることが、世界を変える大切な一歩です」そんな帯のメッセージがこの著者が最も伝えたかったことである。「私は、これらの50の事実が世界を変えると確信している」とも。全体的な論調はリベラルである。また、反グローバリズムの色調も濃い。そもそもこういう発 くるみの記録【2007/10/12 07:44】

東アジア:Category:主要カテゴリ|主要カテゴリ>:Category:世界|世界>東アジア----東アジアに関するカテゴリ。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License: アジアの国々【2007/10/17 08:24】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。