情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田-小沢 党首会談3
 2度目の党首会談の2日後の記事をそれぞれ紹介します。批判されなかった朝日新聞ですが、記事自体がないので批判のしようがないです。

 まずは産経新聞 上(07/11/04)産経新聞 下(07/11/04)から抜粋。
 新テロ対策特別措置法案への理解を求める首相に対し、小沢氏は従来通り反対を表明、「それならば、基本法を作ったらどうですか」と自衛隊海外派遣のための恒久法制定を持ちかけた。
 会談開始から1時間10分で会談は中断したが、午後6時半すぎに再開。ここで首相は恒久法制定への意欲を強く示した上で、唐突に自民、民主の大連立構想を切り出した。
 小沢氏は「党内で協議したい」とだけ述べた。
 午後7時26分、小沢氏が先に席を立ち、会談は終了した。

 二人の口は堅く、10月30日の会談内容が漏れなかったが、会談の仲介者が読売新聞の渡辺恒雄グループ本社代表取締役会長だったことがジワジワ知れ渡ったため、混乱に拍車がかかった。渡辺氏は熱心な大連立論者であり、中選挙区論者として知られていたからだ。

 複数の与党幹部は2日夜、「大連立を持ちかけたのは小沢氏」との情報を流した。

 渡辺氏が小沢氏と接触したのは福田政権発足直後の10月上旬。「小沢氏は会談に乗り気だ」という情報が伝わったのはこの直後だったとされる。

 2回目の党首会談後、民主党執行部は焦りを隠さない。鳩山由紀夫幹事長は3日、京都府京田辺市内で「大連立は自民党の唯一の生き残り戦略で、会談は首相が小沢氏の考えを丸飲みしただけ。新テロ法へ(民主党が)協力するというのもウソだ。相手の情報操作による混乱を避けたい」と火消しに躍起だ。


 次に毎日新聞(07/11/04)から抜粋。
 1回目の会談で、恒久法が連立政権論議の糸口になった。そして話題は閣僚人事まで発展していった。連立政権ができた場合、民主党に振り分けられる財務相など数々のポスト名までが飛び交った。当初は政策協議を念頭にしていた首相も「連立政権協議をして、まとめられるのならそれでもいい」という考えに傾いていった。

 2回目の会談。恒久法に関する国連決議原則について、首相は「これでいいですよ」と返答。小沢氏も「じゃあ、これで(民主)党内を説得しますから」と約束した。

 与党関係者によると、首相との会談で小沢氏は「総理、あなたから連立をもちかけたことにしてもらえませんか」と切り出し、首相は「その方が都合がいいのなら、それで結構ですよ」と即答した。このように政界には連立政権に関する「小沢首謀説」が流れている。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日、京都府内の講演で「小沢代表が大連立を持ちかけた事実はない。代表がうそをつくはずがない。自民党の情報操作だ」と反発した。


 最後に読売新聞(07/11/04)から抜粋。
 2日の福田首相と小沢民主党代表の会談で、議題になった自民、民主両党による連立政権構想は、実は小沢氏の方が先に持ちかけていたことが3日、複数の関係者の話で明らかになった。

 首相は、小沢氏の求める恒久法について「与党が納得するかどうか確認したい」と答え、休憩を取ることにした。
 直前に、小沢氏は「それさえ決めてくれれば、連立したい」と述べ、連立政権への参加を持ち出したという。
 連立参加は、首相の方から要請した形とすることも小沢氏は求めた。

 小沢氏は「これで決める。(連立参加で)私が党内をまとめます」と明言。首相が「大丈夫ですか」と問いかけると、小沢氏は「絶対にまとめます」と重ねて強調した。

 そもそも、10月30日の最初の党首会談を持ちかけたのも小沢氏の側だった。
 打診は10月半ば。


 恒久法の議論から大連立の議論になった、というところは各社一致していますが、その他はばらばらです。
 大連立をどちらから持ちかけたかは、産経、毎日新聞では自民・民主両方の意見を載せています。個人的には鳩山さんが焦り過ぎているのと、その後小沢さんが辞意表明したことから「小沢さんから言い出したのかな?」くらいにしか感じていませんでした。前にも書きましたが、結局二人とも大連立で納得したわけですし、どちらでも同じです。

 そして、問題の読売新聞ですが、確かに自民党からの意見しか書いていません。それと、会談を持ちかけたのも小沢氏からと書いています。産経新聞の記事だと渡辺氏が仲介し、持ちかけたのは自民党側とみるのが妥当かと思います(小沢氏の会見を見た後だからというのもありますが)。

 確かに、小沢さんの言うように与党側に偏っていますが、いつもは野党側に偏っているので小沢さんが怒るのはどうかと・・・。もちろん偏執報道はやめて欲しいのですが、野党の方に偏っていなければ、小沢さんはお金の問題で党首をやめていると思うのですが、そこらへんはわかっているのでしょうか。

 あとは、産経の記事を読んだとき「またナベツネか」と思いました。ほんと、こいつをどうにかして欲しいです。暇ができたらこれについてもまとめたいです。
スポンサーサイト
■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/52-8b26f7d4
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。