情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中東情報の減少
 産経新聞(07/11/24)より抜粋。
 問題は、こうした能力を持つ日本が、テロ特別措置法の期限が11月1日に切れたことに伴い、テロと戦う国際共同行動の輪から脱落したことだ。
 防衛省はテロに関する情報を収集するため、これまでバーレーンの多国籍軍司令部などに約20人の連絡官を派遣していたが、海自撤収に伴い、連絡官を一部引き揚げざるを得なかった。この結果、インド洋だけでなく、中東関係の情報を入手できないという深刻な事態に陥っているという。


 ネット上で記事が見つからなかったのですが、読売新聞朝刊(07/11/24)より抜粋。
 政府が頭を悩ませているのが、日本に入る安全保障上の情報が急減している現状だ。テロ特措法の失効に伴い、バーレーンの多国籍海軍司令部に派遣されていた連絡官も引き揚げた。
 各国との情報交換の場を失い、防衛省幹部は「現地で他国艦船がどう活動しているかも、わざわざ外交ルートで確認しなければならない。中東地域の情報量は格段に落ちている」と嘆く。

 「連絡官を引き揚げざるを得なかった」というより、「米により引き揚げさせられた」という噂があったのですが。

 タンカーや観光客への情報提供に影響が出るのですかね。なににしても情報が入ってこないのは問題ありですね。
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/70-da9d941a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。