情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国環境汚染
 nikkei BPnet(07/12/07)より転載。
(リンク切れの場合はこちら
 中国衛生省監督局の趙同剛・局長はこのほど開催された第3回国家環境・健康フォーラムの席上、中国で安全ではない水を飲んでいる農村人口が3億2000万人もあると指摘した。このうち、フッ素とヒ素の含有量が基準を上回る水を飲んでいる人は5000万人以上。また、水汚染のほか、他の環境汚染による健康安全への脅威も増大している。趙局長によると、毎年、都市の空気汚染による超過死亡人数は17万8000人、室内空気汚染による超過死亡人数は11万人に達している。
 中国が2006年に559主要都市を対象に行ったモニタリングの結果によると、空気質量が国家基準に達していない都市は37.6%を占めた。浮遊粒子状物質、二酸化物と窒素酸化物などは主要汚染物である。
 世界銀行の予測では、世界衛生機関が定めた二酸化硫黄の基準を上回っている環境で生活している中国人は6億人以上になり、また、TSP(total suspended particulate、大気中に浮遊する粒子状物質の総量を示す)の基準を上回っている環境で生活している中国人は10億人にも達しているという。


 NOxがかなり増えてますし(こちら)、中国の環境汚染が深刻なのは知っていましたが、やはり想像以上なのでしょうか。空気汚染による死亡者って四日市ぜん息しか思いつかないのですが、ぜん息以外での症状ってあるのでしょうか(体に悪いことはわかりますが)。
 下の写真は拾い物で中国のどこの海かはわかりませんが、かなり深刻ですね。

 北京五輪ほんとにだいじょぶでしょうか。



スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/80-ea54bd93
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。