情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党アフガニスタン支援策2
 民主党がいまさらテロ特の対案を提出しました。ということでちょっくらまとめ。
 読売新聞(07/12/22)より抜粋。
 派遣を1年間に限って容認する内容。自衛隊の活動地域は「抗争停止合意が成立している地域か、民間人への被害が生じないと認められる地域」に限定した。また、武器使用基準は緩和し、現行基準に「活動の実施に対する抵抗を抑止するため、やむを得ない必要があると認められる場合」を加えた。自衛隊派遣に際しては国会の事前承認を得るとした。自衛隊の海外派遣に関する恒久法の早期制定の必要性も明記し、恒久法で「日本国憲法の下での自衛権の発動に関する基本原則及び国連憲章第7章の集団安全保障措置に関する基本原則を定める」よう求めた。
 インド洋での海上自衛隊による「海上阻止活動」への参加も、国連総会または安全保障理事会の決議に基づき行われる場合に限り「必要な法整備を検討する」とした。

 毎日新聞(07/12/22)より抜粋。
 自衛隊派遣の前提となる「停戦合意」の見通しはなく、法案の中心となる民生支援もすでに政府が実施している。


 10月に書いたものですが、2か月でそんなに状況が変わると思えないので、毎日新聞の言うようにアフガニスタンはまだ危険だと思います。ということで実質自衛隊派遣は無理でしょうね。
 海上阻止活動については国連の決議が必要と。民主党は国連安保理での謝意では自衛隊派遣はできないと言ってますしね。派遣自体に反対ではないみたいですしどうにかならないのですかね。

 民主党HPにある法案の原文から、読売新聞には載ってない項目を紹介。
(国際の平和及び安全の維持又は回復に係る取組を補完する新たな国際連合の組織の設置に係る検討)
第二十六条 政府は、国際連合の改革の一環として、国際連合に、国際連合平和維持活動、その他の国際連合が行う国際の平和及び安全の維持又は回復のための取組を補完するものとして、国際の平和及び安全に対する脅威が生じた場合に、その脅威に対し直ちに必要な措置を執るための組織が設置されるよう、国際連合、国際連合加盟国等に対し働きかけを行う等積極的かつ主導的に取り組むことについて、検討するものとする。

(航行の安全確保)
第二十八条 政府は、公海上その他の海上における我が国の船舶の主要な航路帯においてテロリストによる攻撃等から航行の安全を確保することの重要性にかんがみ、海上警察の国際間の連携の促進に努めるとともに、航行の安全に関する条約その他の国際約束についての関係諸外国の誠実な履行の確保を働きかける等、公海における航行の自由の確保のための国際社会の取組に積極的かつ主導的に寄与するものとする。

 上は小沢さんが主張していた国連軍のことですかね。多国籍軍の場合でも、自国の軍隊を他国の指揮権の下にいれるのは拒否するそうなので、これはどうなのでしょう。いまいちわからないので報道を待ちます。
 下はシーレーンを守れってことでしょうけど、これを根拠に海上阻止活動に参加できないですかね。というか、民主党はシーレーンの重要性をわかっててテロ特反対ってことですかね。

 これからの国会での議論に期待して、どりあえず自衛隊を派遣できればいいですね。

 (ついでに紹介)石破大臣によるテロ特の解説第2段がでました。(こちら
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/88-94285891
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。