情報の海
気になったニュースについてまとめる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東シナ海ガス田
 福田さんが中国を訪問しなにか成果があったのかな、と思っていましたが、産経新聞(08/01/13)に関連する記事がでました。以下抜粋。
 共同開発の対象海域などをめぐり日中の主張が対立する東シナ海のガス田問題で、中国側が昨年12月末の福田康夫首相と温家宝首相との日中首脳会談前の事務レベル協議で、初めて日中中間線付近の日本海側海域での共同開発を打診していたことが13日、分かった。これまで「係争海域は中間線と沖縄トラフの間」としてきた中国側が一定の歩み寄りをみせたものだ。ただ、中国側は日本が求める中間線付近の中国側海域での開発は一切認めなかったため、協議は最終的に決裂した。(以下略)

 要は、日本側だけで共同開発するという内容ですが、これで歩み寄りと言われても困りますよね。
 福田さんの前には、野党第1党である民主党も訪中しているわけですが、それでもこの程度しか歩み寄らない中国にわざわざ行く必要あるのでしょうか。むしろ、小泉さんの時のように強気(当時もっとやればいいのにと思ってましたが)にでればいいのでは?日中関係が悪くなってなにか困った記憶がないのですが。
 なんで政治家って中国が好きなんでしょうね。
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cirrostratus.blog121.fc2.com/tb.php/95-efba5b88
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。